男性

気になる臭いをなくす│業者を呼んで臭いを脱臭

特殊清掃業者の増加

掃除用具

特殊清掃員の需要が拡大している

近年は高齢化が進むにつれて、亡くなる人も増えています。政府の対策が功を奏しているのか、自殺者数こそ年々減る傾向にあるようですが、孤独死する人の数は急速に増えており、ここ2、3年で倍になったとまで言われています。具体的な数字としては、年間6万人ほどの孤独死者がいると統計的には数えられていますが、実際にはそれよりも多いと言えるでしょう。特殊清掃とは、自殺や孤独氏、または殺人事件など、人、動物の死や血痕などを扱う清掃形態の一つです。高齢者が増え、孤独死する人が増加している今は、特殊清掃の需要が非常に高く、その需要は今後も一層高まっていくものと思われます。特殊清掃の価格は、作業員の人数や、間取りの広さに比例するといわれていて、最安の場合は、間取りが1Kで作業員一人の場合、2万円程度の費用で済むといわれています。

死を自然と身近に感じられることも大切

近年の日本を見ていると、「死」の概念が希薄という印象があります。思想や哲学が消え去ったということでもあります。人々は自分で考えることをやめ始めています。ネットの情報に流され、無意味に右傾化をするようになりました。それをうまく利用している政府もそうですし、震災などの不幸もそれを助長したといえるでしょう。現在でも福島周辺地域は、依然として死と隣り合わせにあります。それにも関わらず、すぐ隣の関東地域では、震災の話題がタブー化し、人々の記憶から消去されつつあるようです。直視するには都合が悪すぎるのです。そのようなネガティブな情報は、社会的発展を阻害するからです。時代は変革を迫られていて、本来であれば、特殊清掃というものが、もう少し身近に感じられるようになって然るべきなのです。